惰性でイ㌔

<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

そういえば

最近RO内の自キャラのこと書いてないな、とか思ったので書いてみる

モンク→やる気完全に消失
ポタとかの時だけ使う感じ
G無し

ケミ→現在のメイン
97/46 JOBカンストしてないのはお察しくださ(ry 
オーラホムの師匠が居ないと何もできないかもしれない
雪天使復活で赤茶から出戻り
GVではモンクよりも戦いやすかった

プリ→いろんな意味で偵察用・・・?
一応友人のGに入ってる

もう一人のケミ→知り合いのGに在籍していたが、雪天使が砦を取ったのでAD目的に一時的に雪に入ってる

騎士→なにそ(ry


SSないのさびしいなーとか思ったので、家に帰ったら何かはるかねぇ






ってことで張ってみた


f0126307_0302820.jpg




GVでの一枚

地面に出したはずなのに、すごいとこに(;´Д`)




web拍手を送る:現在ケミは97の中盤ヽ('ω')ノ

[PR]
by moresiru | 2007-05-29 16:34 | RO

ああぅ

二限目の授業に行ったら、休講になってて4限目まで待ちぼうけ


こんにちは、エルリーです


前回受け付けましたリクエスト、東方一つと、このブログの小説更新しろやゴルァが一つですかねぇ


東方の書いたし *注UPせずに本人に渡すけど(駄 次はブログの小説更新しますかぁ


てことで、今から書きます(ぁ


問題は、あれだ


今から話の展開まで考えなきゃだめってことだ(駄


ブログ小説更新はもう少しお待ちを( ノωノ)






web拍手を送る:やっぱり設定忘れてた

[PR]
by moresiru | 2007-05-28 13:03 | 私生活

スノードロップ3~失ったもの~

冷ややかな風が闇とともに夜の砂漠を包み込む

しかし普段の静寂に満ちた砂漠ではなく、今宵は紅蓮の炎が夜闇を照らしている

燃えさかる家々

息絶えた人々の骸が炎に焼かれ浄化されてゆく

その炎の領域の中心には唯一の生存者である少年がいた

炎の円舞に囲まれて、膝を突き虚空を見つめている

生気のほとんど宿っていない瞳

右手には血塗れた小剣が

左腕には絶望の表情で息絶えた妹が

足元には今日まで彼を見守り続けた両親の骸が


「あ……ああっ……」


頭が痛い

胸が苦しい

全身を倦怠感が包み込む

目の前の光景が信じられない


「ああ…ああああ……あああああああああっ」


これが絶望というものか

これが地獄というものか

少年を救うものは誰もいない

いや、いなくなってしまったのだ

「ああああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁっ」


幼い彼にできるのは、泣きじゃくることだけで

弱い彼にできるのは、絶望の叫びを上げるだけで

すべてを失った彼にできることは、愛しい妹の亡骸を抱きながら世界を憎悪することだけだった











「っ……あれ、ここ、は?」

「目が覚めたか」


銀糸の髪を持つ少女が目覚めたのは、彼女が気を失ってから次の日の昼間のことだった。

目覚めのつぶやきに反応があったことで、彼女の体が強張る。


「そう身構えるな、俺は……少なくとも危害は加えるつもりはない」


ある程度この反応は予想していたのだろう。

リゼルは少女を怖がらせないように、できる限り穏やかな調子であろうと心がける。


「ここはどこ?貴方は誰?貴方が助けてくれたの?」

「ここは俺の家で、俺の名前はリゼル、そして助けたといえるかどうかはわからんが、あの小悪党共は追い払った」


少女の矢継ぎ早な質問に、丁寧に答えてゆくリゼル。

だが、質問に答えるだけではない。

少女には聞きたいことが山ほどあるのだ。


「とりあえずだ、君は何者だ。名前は?家族は?どうしてあいつらに追われていた?それもあんなぼろ衣のような格好で」


しかし、少女の反応はリゼルの予想とは違った。


「ぼろ衣のような格好……あれっ?そういえば、この服は……?」


現在少女はリゼルの服を着せられていた。

少女の体格にはまったくといっていいほどサイズが合っておらず、だぼだぼで袖も長すぎる。

しかし、少女はそんなことは気にしない。

むしろ……


「あのー、その、前の服どうしました?」

「はぁ?」


間抜けた声を出してしまうリゼル。

何を言っているのだろうといった表情だったが、次第に少女の言葉の意味を理解していく。


「あー、悪いとは思ったが、服は着せ替えた。あんなもの着ていられているとこちらも困るんでな」


着せ替えた。

着せ替えた。

(新しい服を着せるために前の服を脱がして、全裸にし)着せ替えた。


「きゃあああああああああああ!」


昼のプロンテラに少女の悲鳴と、何かをひっぱたいた音が響き渡った。









「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい!」

「ああ、もういいから、俺も悪かった」


左頬にもみじを作ったリゼルに、少女が必死で謝り倒している。

ちなみに二人は騎士団駐在所帰りである。

何故駐在所帰りかといえば、少女がリゼルを引っ叩き悲鳴を上げたとき、偶然にも街を巡回していた二人組みの騎士がリゼルの家の前を通ったのである。

驚いた騎士が家に押し入り見たものは、必死に少女の口を押さえこみ、少女に襲い掛かろうとしている男と(悲鳴を止めるために口をふさごうとしているリゼルと)、半泣きで怯えながら男に襲われかかっている美少女(裸を見られたショックで泣き叫ぶ少女)。

騎士達は思った、少女が危ない。と。

その後、少女の悲鳴を止めるので必死だったリゼルは、騎士達に捕まり事情聴取となったわけである。

「ごめんなさい、ごめんなさいぃ~」

「だからもういいって言ってるだろう、それよりも大事なことがあるだろうが」


いい加減大声で謝っていられると周りの目が痛い。

それはそれは痛い。心なしか周りから冷たい目で見られている気がする。

だが、それはまだ別によしとしよう。リゼルは思考を切り替える。


「謝る暇があれば自分の心配をしろ、アリア」

「で、でも、思い出そうとしても思い出せないから仕方ないじゃないですかぁ……」


そう、少女はアリアという名前以外のすべてを失っていた。









_____________________________________
あとがきみたいなもの



久々に書きました、スノードロップ

正直微妙に設定を忘れてます

そして口調も少し違うかもしれない

前話を見直そうと思ったら、文章が下手すぎて恥ずかしくて読めない

なんだこの羞恥プレイ!

とかいろいろありながらの更新

今回で二人がちゃんと出会ったので、三人称視点での文となります

前回までは一人称だったので、ちょっと難しかったなぁとか

とりあえず、今度から部活までの空き時間とかに小説は書こうかと思います

では、今回はこれにて

ノシ








web拍手を送る:でもたぶん次ぎ書くときにはまた設定忘れてる

[PR]
by moresiru | 2007-05-16 15:32 | いろんな小説

うーむ

小説とかの練習したいなぁとか考えて立ち上げたブログではあるものの、ぜんぜん小説は書かないし更新すらしてないな・・・・

これはいけない!ということで小説を書こうとは思うんだけども、書くなら人の読みたがるようなものを書いてみたいなぁとか思うところ

ということで(どういうことで?)、エミ㌧のサイトに対抗して(?)短編小説のリクエストを募集してみる

ただROとか東方(永夜と妖々夢と紅魔の一部)かオリジナルぐらいに勘弁してください(・ω・)

まぁ・・・リクとかくるのかねぇ・・・とかいう根本的な問題も存在するんだけどね(泣





話は変わりまして、RO

現在ケミ/ホムが96/97と、来るところまで来たような感があります

ただホムは順調だけど、ケミはさすがに上がらなくなってきたなぁw

でも、オーラは目指してがんばります('ω')






とりあえず、あれだ


大学からだから顔文字がほとんど使えなくてきついw





web拍手を送る:リクはWeb拍手かコメントでお願いします

[PR]
by moresiru | 2007-05-16 15:26 | 私生活&RO



ROや日々の日記を不定期で書くかもしれない。RO「Lisa」鯖在住。モンクは封印しますた、苦情は受け付けない! ケミがメイン、でも名前がエロイ。とりあえずツンデレマダァー?
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
マゾイプリの人のブログ
゚・*:.。.黒猫と黒うさぎの御家.。.:*・゜

Gメンの柚水さんのブログ
ゆずを食べる~♪

雪天使のGMエミ㌧のHP(絵主体)
雪天館

天然なふゅゃのHPです。
性別は自称不明らしいよ!?
風鈴亭

ぎゃらんどぅ!
☆ぎゃらんどぅ☆

GメンのVNI羽タンのブログ
アサ好きすぎだよ!
あさしん放浪日記Ver.02

コメントの応酬が熱い
Gメンの桃さんのブログ
李桃劇場

にゃー
きまぐれにっき
**********************

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と
開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(C)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved.
(C)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています

最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧