惰性でイ㌔

スノードロップ1 ~出会いを告げる花~

とりあえず、ちょこちょこっと書いてみました(・ω・)

もっとも面白いかどうかは別問題ですが('A`)

とりあえず、見てもらえた人に楽しんでもらえればなぁと思います

タイトルは「スノードロップ」です

----------------------------------------------------------------------------------



「ふぅ…」

アルコールの混ざった吐息が夜の酒場の喧騒に飲まれる。
軽装鎧と長剣を携えながら酒をあおる。
一日の終わりに安酒をかっくらって疲れを癒すのが俺の日常だ。
もっとも今日はそれだけではないのだが。

「よーうリゼル、元気そうじゃねえか」

わざとらしく煙草の煙を俺に吹きかけながら、青髪のハイプリーストが声をかけてきて横の席に座った。
こいつの名前はジェイク、ノービス時代からの腐れ縁でありギルドのマスターもやっている。

「元気そうだじゃねぇ、遅いんだよお前は」

そう、今日はこいつと『商談』があったのだ。にもかかわらず1時間も遅れてきやがった。

「まぁ、そうカッカするなよ」
「無駄話をする気はない、さっさと報酬をいいやがれ」

やれやれといった感じで肩をすくめるジェイク。

「ったくせっかちだねぇこのロードナイト様は、そんなんじゃ女にもてねぇぞ?」
「るせーよ、この放蕩聖職者!酒、女、タバコ、お前ホントに聖職者か?」
「カカカ、違ぇねぇ。ま、神なんざはなっから信じちゃいねぇがれっきとした聖職者だぜ。それも高位のな。……おっと、そんな話はどうでもいいか、とりあえず今回は1M+経費ってことでどうだ?」
「まぁ、妥当なところだろう」

俺はロードナイトのリゼル、俗に言う『傭兵』をやっている。
そしてジェイクはギルドマスターを――それもGVレーサーギルドを――やっている。
腐れ縁ではあるものの、ギルドに所属はしていない俺をコイツはGVレーサーとして雇う。
それが『商談』

「はぁ~あ、お前さんが俺のギルドにいてくれりゃ、俺も高い金を払わずにすむんだがなぁ」
「お前の気持ちは分かるがな、俺は他人と馴れ合うのが好きじゃないんだよ」

俺はギルドに所属はしない。
ありたいていにいえば、あまり人が好きではないのだ。
一部の例外を除いて、俺は友人と呼べる親しい間柄の人間はほとんどいない。

「とりあえず、明日の夜7時ごろに俺のギルドの溜まり場に来てくれ。今回の作戦等々の会議もあるんでな」
「分かったよ、お前じゃあるまいし時間には遅れん」
「根に持つやつだな……。遅れたのは悪かったっての、ここの勘定してやるから許せって」
「ご馳走さん、ついでに飯追加していいか?」
「死ねちゃっかり者」

隣でくっそー、今月は懐が寂しいぜーとか言ってる馬鹿がいるが気にしないで俺は店を出た。




「月が綺麗だな」
ほろ酔いの体を冷たい夜風が包み、火照りを冷ましていく。
月光が町を照らし、夜ではあるものの灯りを使う必要はない。
通りに面した家々からは暖かな光が漏れ、家族団欒の声が帰路につこうとする俺の耳をなでてゆく。
俺はこの時間が好きだ。
昼の人々の喧騒に包まれたプロンテラではなく、夜の静寂に包まれたプロンテラが好きだ。
孤独な俺を優しく包み込んでくれるこの闇が。
……やはり酔っているのか、わけのわからないことを考えてしまう。

「花はいかがですかー、綺麗な花はいかがですかー?」

そんな俺の前で、花売り商人の少女が夜中だというのに花を売っている。
近くに人影はいないというのに花など売れるのだろうか。

「そこの黒髪の騎士様、綺麗な花はいかがですか」

もしや俺のことなのだろうか。
周りを見渡してみるが近くに他に人はいない。
思わず自分を指差してしまう。

「そうですそうです、そこの貴方です。どうです、心に余裕を貴方に花を。きっと優しい気持ちになれますよ」

営業スマイルで花を勧めてくる少女。

「いや、俺は花は……」
「いえいえ、そうおっしゃらずに、こちらのスノードロップなどオススメですよ?」

そういって強引に花を押し付けてくる。
あまりに強く握っているのか、白い花の茎がこのままでは折れそうだ。
このまま買わなければ家までついてきそうな少女の押し売りに、俺は根負けしてしまった。

「わかった、わかったよ、買うから、――はぁー無駄な出費が……」
「無駄ではありません、花は心を豊かにしてくれます。きっと貴方の心を癒してくれるはずです!」
「はいはい、それだといいですねー」

早く少女から解放されたくて俺は花代の5zを渡し、足早に立ち去ろうとした。
その背中に花売り少女の嬉しそうな声がかかる。

「まいどあり~♪スノードロップの花言葉は『希望、慰め、楽しい予告』ですよ~!騎士さまに新しい出会いがあらんことを~」

勝手なことを言ってるなと思いながらそそくさと俺は立ち去った。
新しい出会い?そんなもの俺には必要ない。
俺には平穏な日常があればいい。
俺が望むのはそれだけだ。




花をどうするか迷いながら家の近くまできた俺の耳に、かすかに人の声が聞こえた。

「――たす――て、だれ――か」

消え入るような少女の声。
腐っても騎士の――人は嫌いだが人を助けるのは嫌いではない――俺はぎょっとしてあたりを見回した。

「誰だ!どこにいる!」

怒鳴る俺に確かな返答はない。が。

「こっ……ち、こっち、だよ」

かすかにではあるが聞こえる声を頼りに、俺は路地裏に駆け込んだ。
そして、俺は息を呑んでしまった。
そこにはぼろぼろの服を着た、少女が倒れていた。
だが、俺が驚いたのは少女が倒れていたからではなかった。
少女が――美しかったのだ。
少しつやが消えてはいたが腰元まで伸びた銀糸のような髪。
触れれば折れてしまいそうに華奢な体。
少しやつれてはいるものの整った顔立ち。
そして、ルビーのように紅く俺の心を鷲づかみにした双眼。




まだ肌寒い冬の路地裏で。
俺は少女と――アリアと出会った。




スノードロップ――花言葉は楽しい予告





web拍手を送る:続くかどうかはわからない

[PR]
by moresiru | 2007-01-26 17:36 | いろんな小説
<< うヴぁー 最近 >>



ROや日々の日記を不定期で書くかもしれない。RO「Lisa」鯖在住。モンクは封印しますた、苦情は受け付けない! ケミがメイン、でも名前がエロイ。とりあえずツンデレマダァー?
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
マゾイプリの人のブログ
゚・*:.。.黒猫と黒うさぎの御家.。.:*・゜

Gメンの柚水さんのブログ
ゆずを食べる~♪

雪天使のGMエミ㌧のHP(絵主体)
雪天館

天然なふゅゃのHPです。
性別は自称不明らしいよ!?
風鈴亭

ぎゃらんどぅ!
☆ぎゃらんどぅ☆

GメンのVNI羽タンのブログ
アサ好きすぎだよ!
あさしん放浪日記Ver.02

コメントの応酬が熱い
Gメンの桃さんのブログ
李桃劇場

にゃー
きまぐれにっき
**********************

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と
開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(C)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved.
(C)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています

最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧